時効による財産の取得

I.一般的な評価

今日の不動産に関する最も一般的な問題のXNUMXつは、継承された不動産が新しい所有者によって知られていない/識別されていない、新しい所有者が土地登記所に登録されている、または当該不動産が所有者によって完全に忘れられていること、およびこれらの不動産が使用されていることです。許可の有無にかかわらず、長年にわたって第三者によって評価されています。

私たちの国では、このような状況は、特に混雑した家族、家族の長老の死後に忘れられた、または下の世代が気づいていない不動の家族で頻繁に遭遇します。 亡くなった長老に登録されている不動産は相続人に知られていないか、知られていても忘れられたり、しばらくして遊休状態にされたりします。 これらの不動のものは、一般的に、所有者の許可を得て、または完全に許可なく(不動のものを家として使用したり、土地を畑として使用したりするなど)、地域に住む地元の人々によって使用/評価されます。

4721ページトルコ民法第713条には特別規定が含まれています。 臨時時効と題するこの条文は、一定の条件の下で、20年以上途切れることなく不動のものを所有している人が所有者として当該不動のものの所有権を取得できることを規定しています。

II。 有効条件

上記の第713条に記載されている権利の恩恵を受けるには、特定の条件を満たす必要があります。 関連条文の第1項に従い、これらの権利の恩恵を受けるためには、「訴訟なしに、途切れることなく、所有者として、土地登記所に登録されていない不動のものを1年間保持する」必要があります。 したがって、第20項に規定する権利の恩恵を受けるためには、土地登記所に登録されていない不動のものがなければならず、関係者は、所有者として、訴訟なしに、中断することなく、これを少なくともXNUMX年間不動に保つ必要があります。

第2項に従い、「同じ条件の下で、土地登記所から所有者を特定できない人、または欠席の決定が下された人の名前で登録された不動の全部または一部の所有数年前、その不動の全体、一部、または一部の所有権でもあります。 土地登記所への権利の登録を要求することができます。 この時点で、前述の第2項の最初の規則の一部の規定は、憲法裁判所の判決により取り消されたことを強調する必要があります。 2009/58 E.憲法裁判所のこの廃止決定により、特に22.11.2001年XNUMX月XNUMX日以降、特別な時効に重大な変更が生じました。この問題については、以下で詳しく説明します。

III。 憲法裁判所の発表

上記のように、第2項の最初の規則の一部の規定は、22.11.2001年2月XNUMX日付けの憲法裁判所の判決により無効にされ、この取消決定前の第XNUMX項の全文は次のとおりです。

  同じ条件で、土地登記所から所有者を特定できない人の名前で登録されている不動の全部または一部の所有 死んだ XNUMX年前、または欠席の決定が出された人も、不動の全部、一部、または一部の土地登記所に移されます。 登録の決定を要求する場合があります に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

ご覧のとおり、第2項の最初の規則には、「2009年前に死亡した人、または欠席の決定が下された人」というフレーズが含まれていますが、憲法裁判所の判決番号58/XNUMXE.「da」は削除されました。 。 その決定において、憲法裁判所は、上記のフレーズの廃止に関して次の声明を出します。タイトル証書に登録されている不動の所有者が死亡した場合、この不動の所有者は彼の相続人です。 相続人は、相続人の死亡時に、法律に従って登録する必要なしに、この不動の所有権を取得します。 

法の一般原則のXNUMXつは、財産権の「時代を超越した」性質、言い換えれば、財産権が時間切れにならないという事実です。 このため、民法により不動産の相続人に付与された権利は、権利者が実際に不動産との関係を断ち切ったことを示していても、権利者がXNUMX年間行使していないという事実は、それらとその不動産との間の法的関係が終了したことを意味するものではありません。 相続人の継続的財産権には、不動のものを実際に使用する権利と使用しない権利が含まれます。 

憲法裁判所の前述の判決から理解できるように、裁判所は、財産に反するため、特別制限法の範囲内で故人の名前で登録された不動の相続人の財産権を一方的に廃止した。憲法で保証された権利であり、既得権と法的安全の原則にも違反しています。 そのため、上記のフレーズをキャンセルし、記事のテキストから削除しました。

IV。 憲法裁判所の発表決定後の実施

以上のように、憲法裁判所の取消判決により、「…決定の執行は、官報に掲載される日まで停止する」との判決が下され、その後、官報に掲載された。 、上記の規定は無効にされ、記事のテキストから削除されました。 したがって、17.03.2011年17.03.2011月20日以降の死亡に基づく臨時時効訴訟は提起できないと結論付ける必要があります。 言い換えれば、20年XNUMX月XNUMX日より前に提起された訴訟に関して、効力を維持する決定が下された場合、所有者がXNUMX年前に死亡し、その日から訴訟の日までXNUMX年の勝訴期間が満了した場合。他の勝利条件に加えて、レジストリ所有者に代わって権利証書が譲渡された日付。 訴訟に関しては、取得した権利の承認、したがってこれらの訴訟の受諾が必要になります。

しかし、17.03.2011年20月17.03.2011日、死刑執行の停止が決定される前に訴訟は提起されておらず、関連する本文で指定された17.03.2011年の期間を含むすべての条件が適用された場合の実施方法については議論の余地があります。記事は、20年20月17.03.2011日より前に履行されます。 言い換えれば、XNUMX年XNUMX月XNUMX日以前に訴訟は起こされなかったが、 前述の憲法裁判所の廃止決定の効果は、権利者の利益のために勝訴条件が満たされた場合、所有者はXNUMX年前に死亡し、XNUMX年の勝訴期間はXNUMX年XNUMX月XNUMX日までに満了しました。憲法裁判所の執行決定の滞在日はいつですか?

この議論の基礎は、憲法で保証された既得権の原則と憲法裁判所の決定の非遡及性です。 これに関連して、意見によれば、権利者の利益のために勝つための条件が17.03.2011年XNUMX月XNUMX日より前に満たされている場合、訴訟が提起されていなくても、問題の権利は取得されたと見なされるべきであり、憲法裁判所の判決は遡及的に効力を発することはなく、これらの訴訟は、既得権の原則(控訴裁判所)に沿って受け入れられるべきです。

この見解を支持するさまざまな決定もあります)。 別の見解によれば、憲法裁判所がその廃止決定で与えた理由に基づいて、これらの訴訟は受け入れられるべきではないと主張されている。 憲法裁判所の廃止判決において、憲法第575条は、「相続人は、立法者の死により開かれ、第599条の規定によれば、相続人は、相続人全体の死により、法律に従って」および「705。 記事の第XNUMX段落に従って、相続人は「登録前」に相続人が残した不動産の所有権を有すると述べられています。

この文脈で述べられているセカンドオピニオンによれば、憲法によって保証されている相続人の権利は主要な権利と見なされるべきであり、17.03.2011年XNUMX月XNUMX日以降に提起されたすべての訴訟はこの理由で拒否されるべきです。

V.結論

わが国で頻繁に適用される特別な時効による不動産の取得は、17.03.2011年XNUMX月XNUMX日の憲法裁判所の廃止決定により修正され、実際にいくつかの議論が引き起こされました。

取消決定後の死亡による特別時効により財産の取得は阻止されたが、当該取消決定の前に当該20年の期間が満了した場合のこの取消決定の効力については異なる意見が提起されている。 有力な意見および最高裁判所によって採択されたものによると、訴訟が提起されていなくても、権利者の利益のために勝訴するための条件が17.03.2011年XNUMX月XNUMX日より前に満たされている場合、

お問い合わせフォームからお問い合わせください、主題とより詳細な情報について質問するため。

Select Language »